枚方市の歯医者 三上歯科クリニックです。丁寧な診療と「むし歯ゼロッ子クラブ」により親子で虫歯予防を目標に努力しています。

お問い合せ番号:072-854-6480

小児歯科

小児歯科

当院では子供の診療にあたり、単に虫歯を治すだけでなく、今後の新たな虫歯の発生を予防し、不正咬合にならないように噛み合わせと骨格の健やかな成長をチェックし誘導いたします。

そして生涯に渡り楽しい食生活を送れる口腔環境になるように、健全な永久歯列の完成を目指し育てていきたいと考えています。
そうするためには親御さんのご協力が必要不可欠です。

きちんとした検査をすることにより、的確な虫歯予防処置が可能となり、定期的に適切な処置と健康管理をすれば、かなりの確率で虫歯を予防できることがわかっています。

当院の小児歯科診療は、「小児期だけを診る診療」ではなく「小児期から診る診療」です。歯科医療を通じ、私たちはお子さんの健やかな成長を生涯サポートしてまいります。

子供の成長にかかせない小児歯科

笑顔の父子

子供のお口の中は、歯が生えてきたり生え変わったりと、著しい環境の変化がありますから、「気がついたら大きな虫歯になっていた」などということはよくあることです。
小児歯科では、虫歯にならないために予防に努めることはもちろんですが、「乳歯が抜けてから永久歯に生え変わるまで」をしっかり管理していくことが一番大切です。

乳歯の虫歯だからといって放置してしまうことで正しく噛めなくなり、顎の発達不足から、永久歯が正しく生えることができなくなってしまいます。歯並びが悪くなることで虫歯になりやすくなり、顎の成長、骨格にまで影響を及ぼしてきます。

当院では、永久歯を正しい位置に生やすことで噛み合わせを整え、お子さんの健康的な将来を見据えたお口を育てることを目標にしています。

子供たちとの信頼関係が大切です

子供たちと信頼を築きます

来院しただけで怖くて泣いてしまう。逃げたくて暴れてしまう など。
多くの子供たちにとって、歯医者といえば「怖い」という印象でしかないと思います。

そんな状態で無理矢理ユニットに座らせたり、押さえつけて治療を行うようなことをすれば、歯医者は絶対に行きたくない場所になってしまうことでしょう。
そうならないために、当院では子供たちとの信頼関係を築くことをとても大切にしています。

初回から治療を行うことはせず、歯科医院に慣れてもらうことから小児歯科は始まります。そして、スタッフと一緒に、お母さんと一緒に練習し、十分に慣れたところで治療を開始します。
段階的に少しずつ不安を取り除き、自立心を養いながら進めていくことで、最終的に一人で治療を受けられるようになります。

ブラッシングの様子
怖がらずに検査中
笑顔の子供たち

小児歯科では危険な場合を除き、抑制などせずにお子さんの自主性を引き出しながら治療を行います。

親御さんへのお願い

お子さんが歯医者へ恐怖心を抱かないために、一人で治療できるようになるために、以下のことをできる限り行うようにしてください。

01 できるだけ早く歯科医院で診てもらいましょう。
早めの検査を

治療ではなく予防を行うことで、怖いイメージを与えずに済みます。
いざ治療となったとしても、信頼関係が築かれていますから、安心して治療を行うことができます。

02 歯医者に対する先入観を与えないようにしましょう。

歯医者に対して怖いイメージを植え付けないようにしてください。
間違っても、「悪い子は歯医者へ連れて行いくよ!」などと言うことは止めましょう。

03 治療についてお子さんと軽い約束をしないようにしましょう。
嘘をついてはいけません

「何もしないよ。」「全然痛くないよ。」といって来院されても、実際の治療とは異なることはよくあります。「遊びに行こう」と言って連れて来ても、泣いて治療はできませんし、結果としてお子さんを傷つけてしまうことになります。前向きな言葉で素直に伝えてあげましょう。

04 頑張ったことを褒めてあげましょう。
褒めてあげましょう

例え泣いて治療ができなくても、「今日は頑張ったね。」と褒めてあげることが大切です。次の治療への意欲と自信に繋がり、お子さんの精神的な成長も促します。

頑張った子供たちへは、当院からのプレゼントを用意しています。

スーパーボールやデコシール
欲しいものがいっぱい
何が出るかな

治療を頑張った子供たちには、スーパーボールやデコシールなどの素敵な当て物を用意しています。

05 お子さんと一緒に歯磨きをしましょう。

お母さんとお子さんが、歯磨きを一緒に楽しみながらすることをお願いしています。
年齢にもよりますが、歯磨きを楽しむ習慣が大切です。

06 お子さん一人で診療室へ入れるようにしましょう。
いつかは一人で診療室へ

初めから一人で治療できるお子さんはなかなかいませんよね。少しずつで良いのでユニットに座ってみたり、機器に触れてみたりして、まずは慣れてもらいます。
そうすることで最終的には自立心が育まれ、一人で診療室へ入れるようになります。背中を押してあげる事も大切な要素です。

指切りげんまん
一人でできました

嫌がって泣きわめいていたお子さんも、治療が終わった後には次回は頑張ると指切りげんまん。

母子感染予防

母子感染予防

虫歯菌感染の時期や経路については、十分に研究されています。
生後19~31ヶ月(感染の窓)が最も感染しやすい時期です。

感染経路としては、悲しいことに家族内感染(主として母親)が主な原因なのです。
赤ちゃんは本来、虫歯菌を持っていません。スキンシップなど、成長する過程で感染してしまうのです。

だからといって、大切なお子さんとのスキンシップを止める必要はありません。同じ箸やスプーンを使わないことや、親御さんの口腔ケアさえしっかりできていれば、何の問題も無いのです。

当院では、親子で虫歯予防を目標に「むし歯ゼロッ子クラブ」のイベントを開催し、ご家庭での感染予防や、正しい歯磨き方法などについて、楽しいイベントでお伝えしています。

むし歯ゼロッ子クラブ
むし歯ゼロッ子クラブ

治療が終了した虫歯のないお子さんと親御さんを対象に、楽しい講習会や人形劇を通じて、虫歯予防に必要な知識をお伝えしていく、虫歯のない健全な口腔育成を目的とした予防プログラムです。

お子さんの健康と健やかな成長を、皆さんと共に作り上げていきましょう。

むし歯ゼロッ子クラブについて詳しく見る »

予防中心の治療法

現在当院では、以下の様な治療法・予防法を行っております。

虫歯・歯周病の予防法

歯磨き・仕上げ磨き 歯磨き・仕上げ磨き

歯磨き、仕上げ磨きの方法を説明します。
磨き方の欠点を見つけて、痛くない正しい磨き方を説明するとともに、歯磨きの大切さもわかりやすく説明します。

フッ素塗布・洗口

定期健診の際にフッ素を塗布し、虫歯予防の効果を高めます。

フッ素イオン導入

トレーにフッ素液を入れて歯に装着し、専用の機器でフッ素をイオン化することで、通常では取り込みにくいフッ素成分を効果的に取り込みます。

シーラント シーラント

虫歯になりやすい奥歯(特に6歳臼歯)の噛み合わせの溝にレジン(プラスチック)を埋め込んで、虫歯を予防する方法です。
歯を削らずに高い予防効果が得られます。

サホライド

歯を削る治療が難しい小さいお子さんの乳歯の軽い虫歯や、乳歯の生え変わり時期など、サホライドを歯面に塗り虫歯の進行を遅らせます。

PMTC PMTC

歯磨きだけでは落としきれない歯と歯の隙間の歯垢や汚れ、着色を専用の機器でクリーニングします。
虫歯予防の効果が高まり、特に歯肉の炎症のリスクが高いお子さんには受けていただくことをお勧めしています。

3DS

主にPMTCを行った後、専用のトレーを作製し、薬剤によりお口の中の除菌処置を行います。4~6ヶ月ほど予防効果が持続します。

歯列不正の予防法

矯正治療

小児期における虫歯や歯肉炎の予防も大切ですが、この時期は大人と違って成長期の真っ只中にあります。

体の成長と同時に、顎の成長と歯並び・噛み合わせの成長も起こります。
特に乳歯におけるわずかな歯列不正が、噛み合わせに大きな影響を与え、顎骨の成長にも影響を与えかねません。

当院では、成長段階を定期的に診ていくことで、歯列不正や噛み合わせの異常を早期に改善し、正常な成長を誘導する咬合育成を行っております。

歯科衛生士を募集しています。
小児歯科について
歯科診療科目メニュー
医院インフォメーション

三上歯科クリニック

〒573-0076
大阪府枚方市東香里元町13-10

TEL 072-854-6480
9:30~17:00
火・水・金
9:30~19:30
木・土
9:30~12:00
休診日
日曜・祝日

一般歯科・口腔外科・矯正歯科・小児歯科・審美歯科・予防歯科・インプラント・訪問診療・鍼灸治療

アクセスマップを見る
携帯サイト QRコード
詰め物・被せ物・義歯 の費用と特徴一覧について詳しく見る 失ってしまった歯の治療法の費用と特徴一覧について詳しく見る むし歯ゼロッ子クラブについて詳しく見る 禁煙指導について詳しく見る 歯科衛生士募集について詳しく見る 厚生労働省認定医院

PageTop▲

大阪府枚方市の三上歯科クリニック    〒573-0076  大阪府枚方市東香里元町13-10   TEL:072-854-6480     Copyright(C) 2019 Mikami Dental Clinic All Rights Reserved.